お店の様子


阪急豊中駅から歩いて10分弱。カンボジアの女神の名前を冠したカフェは、豊中稲荷神社の向かいに佇んでいます。
エントランスをくぐると、風が心地よさそうなテラス席が目に入ります。店内は、スタッフ自ら塗ったという珪藻土の白い壁が印象的。テーブルや椅子もラッカーをはがして自然塗料を塗りなおし、店内を温かく照らしている照明も蛍光灯やLEDを使っています。また、ガラスビンや空き缶などをごみに出さずにリサイクルに持っていくなど、ごみの資源化も積極的に行っていて、身体にも環境にも優しいお店です。

いただけるのは、2種類のカレーやアジアのご飯定食といったエスニックメニューやおからのケーキ、有機栽培のコーヒー・紅茶など、野菜や穀物を中心とした、健康的な食事やデザートがあり、マヨネーズやドレッシングも手づくりとのこと。中でも日替わりのアプサラランチは、スタッフが順番でレシピ作りから担当していて、「家庭的な味がほっとできる」と評判。ランチタイムを中心に、幅広い年代の女性客やカップル、ファミリーでいっぱいです。店主の松井さんも「リピーターが多いのが自慢です」と胸を張ります。

また、繊細な刺繍を施したかわいいバッグなど、カンボジアの雑貨も販売しています。松井さんが「カンボジアと聞くと、“貧しい国”“かわいそうな国”というイメージを持つ方も多いかと思いますが、こんなにかわいいものを作れるということを知ってもらえたら」と仕入れているものです。

地域とのつながりづくり


かつてカナダで国際開発学を学び、調査でカンボジアに滞在した経験を持つ松井さん。そこで地域で助け合い、自給自足でごみを出さないカンボジアの暮らしを知るうちに、「日本より、カンボジアの生活のほうが豊かなのではないか」という想いを抱き、帰国後「Think global, act local(地球規模で考え、足元・地元から行動せよ)」をモットーに、カフェをオープンされました。特にこだわっているのは、「地産地消」と「省エネ」。お店で使う米は箕面の特別栽培米、そしてほとんどの野菜は箕面や伊丹の農家の直販所で仕入れ、肉類もすべて国産を使っています。そこには、「大量の水など外国の資源を使って育てられたり、遠くからガソリン等のエネルギーを使って運ばれたりする素材を使わなくても、近くに新鮮でおいしい米や野菜があると気づいてもらいたい」という思いがこめられています。テラス席をつくったのも、少しくらい暑かったり寒かったりしても、風を感じながら食事やお茶をするのは気持ちいいことを伝えたかったからとのこと。楽しくおいしく食事をしながら、環境や次世代の子どものために自分にできることに思いをはせてみませんか?

これから・・・

熱い思いで環境問題に取り組んでいる「アプサラカフェ」。レジ横にはその日使っている野菜の生産地が書かれた黒板がさりげなく置かれているので、カフェを訪れたら、ぜひチェックしてみてくださいね。またレシピやインテリア、カンボジアのことなどはお聞きすれば親切に教えてもらえるので、気軽に尋ねてみては?日々の生活に取り入れられるアイディアも見つかりそうです。
そして、これまでもドリンク代のみでアロマ教室や絵画教室にスペースを提供してきましたが、今後はセミナーなどにも使ってもらえればと考えているそう。これからの展開にも期待したいですね。

再訪問

「最近アプサラカフェで火曜日に野菜市をしているらしい!」と聞きつけて、さっそくお邪魔してきました。

お店の前の通路には、色とりどりの野菜や果物がズラリ。販売しているのは、池田市の細河地区で仲間と無農薬・減農薬で野菜を栽培していた乾尚太さん。「生産者が一生懸命につくった野菜を、直接お客様に届けたい」と、豊中市をはじめ数か所で野菜の移動販売をしています。

扱っているのは、細河地区の安心で安全な農産物と、「日本ではこの農家しかつくっていない」といった、スーパー等には並ばない、希少・高級な商品です。次々と訪れるお客さん一人ひとりに話しかけ、丁寧においしい食べ方や生産者の情報を伝える姿が印象的でした。はじまりは、2012年の夏ごろに乾さんから店舗前で販売したいとの依頼があり、「地元の生産者を応援したい」と、店主の松井さんが快く大家さんに紹介したところからだそうです。
 

アプサラカフェでは、ほかに、使用済み油を回収所まで持って行くなど、環境に優しい取り組みをさらに進めています。また、中学生の職場体験受け入れや地域のイベントへの参加など、地域への貢献や交流も積極的に展開中です。
また12月には、松井さん念願の、家電や子ども服など不用品の物々交換コーナー掲示板の設置もついに実現。ますますステキに進化しているアプサラカフェ、今後も通い続けたいお店ですね。

取材日 2011年10月20日

 

お店の詳細

住所:豊中市本町6-1-3 195ストリートビル1F
TEL06-6854-5188
http://foodpia.geocities.jp/apsaracafetoyonaka/
【営業時間】11時~21時(ラストオーダー20時半) 
【定休日】水曜日